fbpx

特許取得のお知らせ。

中間管理職と部下の“掛け違い”を無くすAI Cloud system「KAKEAI」を開発・提供する株式会社KAKEAI(本社:東京都港区 代表:本田英貴)は、脳科学に基づき、個人の“仕事におけるパフォーマンス発揮に関わる特性” を踏まえ、コミュニケーションについてのアドバイスを提供するアルゴリズム・方法において特許を取得しましたのでお知らせいたします。

【開発背景】
例えば、退職理由の「本音」でも「上司との関係」は常に上位です。
直接の上司次第で生産性、収益性、エンゲージメントスコアに大きな変動があるとも言われます。
しかし、科学やテクノロジーが進化した現代においても、上司の部下への関わり方とは属人的なままです。
特に、昨今、働き方改革により部下との対話の時間が減ったり、業務のデジタル化により部下の様子が掴みづらくなったり、若手との価値観の違いが大きくコミュニケーションがズレがちになったりという問題も生まれてきています。

本特許を用いたサービス(KAKEAI)によって、
例えば、上司の、
『Aさんはきっとこういうタイプだから、こう関わっておけばきっと上手くいくはずだ』
『部下が〇〇〇で困っている時には、こう対応しておけばきっと上手くいくはずだ』
『自分が若い時に上司にされて嬉しかったことを部下にもすればきっと上手くいくはずだ』
といったような、上司自身の勘・思い込み・経験に依存し続けるマネジメントが変わります。

株式会社KAKEAIは『世界中の人々が、どこで、誰と働こうとも、一人ひとりがもっている人の可能性が決して棄損されることが無い世界。』の実現へ向け、今後も研究・開発を進めてまいります。

【特許概要】
発明の名称)コミュニケーションについてのアドバイスを提供するコンピュータシステム、プログラム、方法
特許番号)特許第6534179号
特許権者)株式会社KAKEAI
概要)脳科学に基づき、個人の“仕事におけるパフォーマンス発揮に関わる特性” を明らかにし、その上で、2者間の特性の違いを踏まえ、コミュニケーションをするためのアドバイスを提供するアルゴリズム・方法